休憩

2011年11月29日 (火)

〜コーヒーブレイクⅢ-②〜

宇宙ものでは他に【2001年宇宙の旅】をやっと見ることができました(←なんだかタイミングが会わずに見れていなかったのです)。

感想はですね、、、いろんな意味で恐かったです(畏れる感じもありました)。。。


全体的にペースがスローで見続けるのは結構根気がいりましたけれど、舞台が未来に移ってからは驚異の映像満載で(無重力のシーンなど特に)、そしてラストの辺りのワープのようなシーンでは、それまでののんびり感があったがこそ速さが際立ち「どこに行こうとしてるのよー」とドキドキしました。

そうした中で思ったのは‘影響力’でしょうか。例えば中盤の、木星へ向かう宇宙船に搭載された人工知能HAL9000の反乱は【ターミネーター】を思い起こさせましたし、ラストのスターチャイルドへと繋がるくだりは【コンタクト】を思い起こさせるなど(両者が実際参考にしたかは別にしても)未来に対する影響は計り知れなかっただろうな〜と思います。


映像も、インテリア、服装、船体形式など描写がまったく古さを感じず、とても1968年の映画とは思えませんでした。これは…昭和を知っている方ならば特に、あの時代にあの表現がなされていたことに驚きを感じるかもしれません。(ちなみに車輪型←cool!ステーション内の言語選択肢にJAPANESEの文字があったのは嬉しかったです)。

でも私にとって一番嬉しかったのは、特典映像にあった原作者アーサー・C・クラーク氏の会見映像でした。ユーモアがあり考えが深く、素敵でした。

様々な意味でさすが金字塔とよばれる作品ではありましたが、私は影響力の他に〔心〕についても考えさせられたように思います。猿人の心、人の心、人工知能の心、存在は小さくとも広大な宇宙とそれらがどこかで結びついているような……そんな風に感じられてなりませんでした。

〈宇宙の旅〉は原作がシリーズ化していて最終的には3001年へと続くようです(約1000年後…凄い、そして遠い)。読む時間の確保が難しいものの、いつかトライしてみたいです:-)


恐いといえば、、、地上波で放送された【アイ・ アム・ レジェンド】も怖かったですね。近年稀にみる緊張と興奮を味わいました。


見終えてからも頭の中でリピート状態で

「あそこは怖かった…(←暗闇のビルの中に入っていくシーン)」
「本当に怖かったわ…(←と書いていても怖い)」

しばらく震えておりました。

なんというか、、、そんなホラー的な怖さだけではなくて、地球が少しずつ進めてきたことを、人間がその知能によって早くやってしまっているような…それがどう世界に影響を及ぼしてくるのか、そんな現実的な恐さも感じました。。。

この作品で主役を演じられたウィル・スミスさんは様々な作品で拝見しますが、時にコミカルで時に力強く、時に物静かで、表情だけで心の内を表すことのできる名優だと思います(余談ですが、MIB2を映画館で見た際、冒頭の着陸シーンで私を含め周囲の人々が「ちっちゃ」と呟いたのは楽しい思い出です)。

さてさて、今年はこのような感じで劇場・DVD・地上波と駆使して幾つか作品をみたのですが、まだまだ見たい作品は山ほどあります。

どう時間を捻出するか考えつつ(本も読まなきゃだわ)、ラストを見たいけれど終わってほしくないと思える作品に出会えた時ほど充実することはありません。


やはり映画やドラマは素晴らしい・・・と私は今日も思うのでした。


2011年11月28日 (月)

〜コーヒーブレイクⅢ-①〜

忙しさのあまり更新できないうちに、今年もあと残り1ヶ月となってしまいました。


書きたいことは沢山あるのに、なんというか…1ヶ月が30日として、まともな休みが5日しかない状況にあっては書きたくても書けなかったというのが本音です。


ただでさえ伝える能力に乏しいというのに、疲れた体で適当に書いては結果も分かるというもの…私にとっては力を与えてもらっているといっても過言ではない映画やドラマを、例え更新はまばらでも中身は適当にしたくないな〜(読んでる方にはそう感じられても、気持ちだけは伝わるように)と思っているわけです。

そんな中で久々に映画を見てきました。昨年地球に帰還して話題となった【HAYABUSA〜はやぶさ〜】です。


これから見る方は後で読んでほしいのですが、

そうですね……率直な感想としては、パンフにも記されていた〈深宇宙60億キロの旅〉をまとめるというのは難しいのかな〜と思いました。


登場人物やはやぶさに起きる出来事がどれも少しずつのような気がして、、、そしてどこまでがノンフィクションでどこまでが脚色か(はやぶさの出来事は事実としても)境界線をつい考えてしまって、それぞれをもっと掘り下げて見たかった…というのが全体の印象です。

ただ俳優の皆さんについてはどの方も素晴らしくて、海外ドラマと比較してしまいがちな昨今にあっても、日本の俳優もやはり素晴らしいと感じずにはいられませんでした。


...ちなみに電車内で得た情報なのですが、ロケット発射地として鹿児島が選ばれている理由は赤道に近いからだそうです。地球の遠心力を利用してエネルギー節約で打ち上げる。

映画の中では地元漁師さんとのやりとりもあって、宇宙への夢は沢山の人の協力と想いで成り立っているんだな〜と改めて実感しました。

感想については少し辛口になってしまいましたが、このプロジェクトには私もいろんな想いを抱いたので率直に綴りました。けれどスタッフの皆さんの、あの壮大なプロジェクトの感動を伝えたいという熱意は強く感じました。。。


それにしても、、、ようやく地球に戻ってきた‘はやぶさ君’の「ただいま」というシーンには、涙を止めることができませんでした。


最後に故郷の姿を見せてあげることができて……本当によかった。。。

2010年12月31日 (金)

~コーヒーブレイクⅡ~

今年も様々な映画やドラマを見ましたmovie

映画館に足を運ぶのはなかなか難しかったけれど、行けた時は嬉しいもので、贅沢な時間を存分に味わうことができました。

・・・映画を見る時の過ごし方は人それぞれだと思います。私の場合は、少し贅沢なチョコレートと缶コーヒーを持って入場。チョコレートは後半あたりから食べはじめて、コーヒーはエンドクレジットを見つつ余韻にひたりながら飲みます。(感動で興奮している心を静めるためでもあるし、現実に戻る準備という意味合いもあるかも・・・)

pencilちなみに余談ですが、私は映画は館内の明かりがともるまで見るようにしています。エンドクレジットは日本語でも英語でもしっかり見ます。それは、感動を与えてくれたスタッフ・キャストの方々への感謝の気持ちからです。

*******

さて、2010年も素晴らしい作品に沢山出会いました。これまで出会ってきた分を含めたら、いったいどれくらいの数になるでしょう・・・。せっかくなので備忘録的な意味もこめてブログに感想を綴る事にしました。...といっても、ふと思い立って書き出すという感じなので、ほんとにのんびりブログでしたけれど。。。

でも、感動した気持ちの半分でも伝えられたらな・・・と思いながら書くようにしました。文章は下手でも心はちゃんと伝わるように。

そうした中で難しかったのは、まだ見てない人にどう伝えるかでした。あらすじをきちんと書くか、それともあまり触れないようにするか・・・私は後者でいくことにしました。感じたことを一所懸命に書けば、何かは伝わるだろうと思ったのです。

ただ、、、いくら私が良いと思っても他の人が見て同じように良いと感じるかは分かりません(その逆も然り)。同じ人生を歩む人などいないのですから、感じ方も十人十色ですよね。

私としては、こののんびりブログに迷い込んできた方が「ではいつか見てみようかな?」くらいに思ってもらえたらいいのです。。。感動した気持ちはいつか誰かに届き、めぐりめぐって携わる人々の心にも届き、そしてまた「つくろう!」という気持ちになってもらえたら、それは再び見る側の喜びに繋がってゆくはずなのですから・・・。

映画やドラマという世界は、日常の様々な出来事を忘れ、癒しや力を与えてくれる本当に素晴らしい世界だと思います。携わるすべての人々に感謝。

さあ、これからどんな作品に巡り会えるのでしょうか・・・見ていない作品はまだまだ沢山あります。どれだけ見終わることができるのか、不安になりつつ私はまたワクワクしているのですhappy01

アーカイブ>第一回【天空の城ラピュタ】

2010年10月17日 (日)

〜コーヒーブレイク〜

海外にもよいドラマが沢山出ていますね。

私が最初に見た韓国ドラマは、だいぶ前になりますけど‘イヴのすべて’という題名のものでした。民放の地上波放送だったのですが、あの頃はまだ今ほど韓国ドラマは知られていなくて、珍しさの方が強かったように思います。

そんな中で印象的だったのは、女優さんの美しさ。ほんとに綺麗で絹のようなお肌で、今でもあちらの女優さんを見るたびに憧れてしまいます。


最近、この時出られていたヒロインの二人を‘タルジャの春’と‘アイリス’で見たのですが、変わらずに素敵でした。


勿論それだけではありません。日本では男性俳優さんの格好よさが注目されがちですが(確かにとてもかっこいいのですけど)そればかりではここまでの盛り上がりはなかったと思います…。ストーリーの純粋さ、表情豊かな俳優さんの演技力、年上の方を大切にする姿勢など、見ていて共感できる部分も多くそんなところも受け入れられた要素にあるのではないでしょうか、、、。なんにしても毎回次が楽しみでした。

ちなみに私は‘チャングムの誓い’が好きで、宮廷料理の凄さにうっとりしつつ、困難を乗り越えてゆく主人公に力を与えてもらっていました。


あと‘復活’もおすすめです。

まだまだ良い作品が沢山ありますけれど、今回はこのへんで・・・。


その他のカテゴリー