« 2017年11月 | トップページ | 2019年5月 »

2018年12月

2018年12月31日 (月)

~コーヒーブレイクⅣ~

ティータイムを終えて、次は個々の作品の感想を~と書いてから1年。

…タイムスリップかな?

今年はいつになく地上波のアニメにハマりまして…見てました。

結果こちらに何も書けなかったという、、、言い訳。

でも映画(Blu-ray&DVD等含む形)に対する興味は一切覚めていません。幾つか観ましたし、電器店やらレンタルショップやら古本屋やらで好きな作品、観たい作品を見つけては購入してました(ダウンロードも便利だけど形として残したい派)。

でも、積んでます。←今ここ

アニメや映画系以外では地上波ドラマでなかなかいい出会いがありましたね。
幾つかあげると、、

テレビ朝日「dele」とフジテレビ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」

どちらも再放送でしたが、気付けてよかった。

よく海外ドラマを見ると(「CSI」シリーズとか)1話完結形式の限られた時間内で、それはもうよく話が練られていて感心したりするのですが、上の2作品は日本のドラマも負けてないなーと思わせてくれました。そしてどちらも俳優の演技が(脇役含め)素晴らしい。こういうよくできた作品を見終えると充足感をたっぷり感じられます。

他に、もう少しシリアスなところではTBSの「アンナチュラル」もストーリーもろもろよく作られていました。俳優もそれぞれの雰囲気をよく醸し出していた印象。逆に緊迫感はないものの日本テレビの「獣になれない私たち」というドラマも独特のテンポがあって結構好きでした。こちらは演技を丁寧にされてた印象。

さかのぼると、ご飯系ドラマの「孤独のグルメ」や「ワカコ酒」もハマりましたね。どちらも美味しそうに飲んだり食べたりするのでやたらお腹がすくという……。


というわけで、心の糧の1つである映画という存在に感謝しつつ、来年こそは出会った作品への想いを書けたらいいな~と思います。

タイムスリップしませんように。

« 2017年11月 | トップページ | 2019年5月 »