« ティータイムⅡ-② | トップページ | ティータイムⅡ-④ »

2016年8月19日 (金)

ティータイムⅡ-③

【東南角部屋二階の女】

(できれば最後まで読んで下さい)

なんでしょう...良くもなく悪くもない作品でした。ここまで甲乙つけがたい作品もなかなか無い気がします。

全体的に茶がかかったような画面と、しっとりとした雰囲気。所々何かが起きて、所々しっかり聞きたい言葉があった。そんな感じです。唯一、二階の開かずの間が開くシーンはドキドキしましたね。ちょっとホラーの雰囲気もあって。人生の先輩方の過去について、もっとグッとくるものがあるかと思いましたが、そこは少し物足りない気がしました。

出演されていた俳優の方々は皆さん素敵でした。特に女性陣は香川京子さんのあの美しいお声としっぽりとした感じ、竹花梓さんのケラッとした可愛らしい、そしてとても自然な演技、良かったです。

....これは2008年の作品なのですが、もっとこの竹花さんという方をメディアで見てもいいはず、と思って調べていたら...旅立たれていたのですね...ショックでした。少しズレますが、土曜日深夜の(正確には日曜日)ランク王国という番組のラルフというキャラクターの声をなさっていた方がやはり旅立たれていたのを知った時期でもあったので、命についても考えたりしました。池波正太郎さんの時も注目してからもういないことを知ったりしたので、本の中なり映像の中なりイキイキされていた方がリアルタイムでもういないということを知るとダメージが大きかったりします。でも逆に言えば、こうして本の中なり映像の中で生き続けるということでもありますね。


【そして父になる】

いや~…ため息。。誰に感情移入してもなかなか切ないお話しです。私は...福山さんと血の繋がりのなかった息子に感情移入していました。

福山さん(の役)の気持ちが分からないでもないですけど、その態度は酷ですよ…息子さんがとても可哀想でした。でも、気付いて良かった。愛の存在に気付いて良かったです。そしてもう一人の父親役のリリーフランキーさん、いい味出されてましたね。少し神経質そうな福山さんとの対比も良かったですし、救われる部分もありました。

それにしても、血の繋がりって何なのでしょうね‥とても大切なことだと思うのですが、血が繋がっていなければ絶対に関わりたくないという相手でも、それがある為に考えないわけにはいかない。そしてこれを考えるとき、私はいつもアフリカの人類の起源にまで思い至ってしまうのですよ…果てはお魚時代まで考えてしまうのですよ...でも、血の繋がりが有るには有るなりの、無しには無しの絆があって、いずれにせよそれがどのようなものになるかは当人同士次第だと思うのですが。


【小さいおうち】

倍賞千恵子さんのナレーションが良かったです。きちんとした生活、きちんとした働きぶりが、きちんとした現在の生活になる...という感じでしょうか。

戦争時の新しい見方というか、当時でもいい暮らしを送っている人々がいたのが新鮮でした。丁寧に人々の生活が描かれていたからこそ、それらが戦火によって失われるのが(おうちが焼夷弾で燃えるシーン)が重く心に残りましたね。戦争について様々な描き方がある中で、この作品は身近に感じられるものがありました。

【プラチナデータ】

【神様のカルテ】

【月光の夏】

« ティータイムⅡ-② | トップページ | ティータイムⅡ-④ »

ギャザリング」カテゴリの記事