« 2013年1月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

オーロラの彼方に②

息子の言葉が元で変わる世界…見所多き作品の中でもここは1つの山場となっています。


そして私がもっとも美しいと感じたシーンがここにあります!(←更に強調)


警告によって行動が変化し、未来が変わる瞬間。


ラウンジと災害現場で交差する2人の人生が重なりあい交互に映りながら・・・ゆっくりとグラスが落ち、琥珀色の液体が散り、瞳のアップ、迫りくる音楽・・・・・・


ベルベットのようなきめ細かい映像があまりに美しくて私は息をのんだのでした。。。

興奮冷めやらぬつつ、、、過去が変われば未来も変わるわけで、しかもそれは良い方向とは限りません。父と子は自分たちが変えてしまった未来を必死で修正しようとします。


で、ここからは一気にサスペンスに突入といった感じ。


起きてしまった未来、これからそれが起きる過去を無線が行き来しながら凄惨な事件に立ち向かいます。そうしながらも歴史は少しずつ変化し、意識も変化していよいよラストを迎えるのですが……

このラストはとても夢がありました。失った存在とのこんな再会もあるんだなぁと思いましたし、こんな奇跡が実際にも起きてくれたなら・・・とも思いました。。。


さて、配役にも少し触れておくと父役デニス・クエイドも息子役ジム・カヴィーゼルも良かったです。父の力強さと息子の繊細さがうまくマッチしてました。


ちなみにジム・カヴィーゼルは最近『プリズナーNO.6』(←舞台設定がなかなかの、カオス的な…ある意味凄いドラマ)で拝見したのですが、お年をめしつつ素敵な目力は健在でしたネ。

...後半に向けて多少雰囲気が変わってしまう珍しい映画ではありますが、それがただのファンタジーで終わらせない要素を感じさせて現実的でもあり、根強い人気を誇っているのがなんとなく分かる気がします。


時間と、そこにある命と、再会。

本当に素敵な内容で親子の絆の深さを感じさせる名作ですslate

That's all.


|

2013年3月29日 (金)

【オーロラの彼方に】

映画の舞台はニューヨーク。


太陽フレアの影響でオーロラの発生が南下し、ニューヨーク上空でも観測される中起きる1つの奇跡。


・・・と書くとファンタジーのようですが、親子の絆、タイムパラドックス、連続事件等々・・・内容は盛りだくさんでサスペンスとの融合といった感じでした。


原題はFREQUENCY(←多分周波数のことをいっているのではないかと思われる)日本語タイトル変換の失敗はたま〜にありますけど、これは日本語タイトルの方が私は好きです:-)

※ちなみに‘オーロラの彼方へ’とも呼ばれていますが、私は‘に’で覚えていました。


私はこの映画をシベリア上空の飛行機内で見たのですが(←オーロラが発生することもあるノダ)最初暇潰しくらいにしか考えてなくて全く期待せずに見はじめたんですけれど、とても良い内容で大切な作品の1つとなりました∞


なにより、、、この作品には私の映画鑑賞史上もっとも美しいと感じたシーンがあります!(←強調)


物語は消防士の父と刑事の息子を中心に進んでゆきます。といっても時間軸が絡みあい変化していてなかなか複雑。それらを繋げているのがアマチュア無線。太陽フレアの影響が無線の到達域をも超えてしまったのでした∞


交流のはじめでは2人は互いが親子であることにも時を隔てていることにも気付きません。でも状況を理解してからは(理解するまでの流れがまた良い)失われたものを取り戻すかのように語り合い密接な時間を過ごしていきます。…ただそうなってくると未来をより良く変えたくなるのが人の性というもの。しかも愛する者の命がかかっていれば尚更で、息子のジョンは父を救うためにある警告をし、確かに父親は救われるのですが──…


|

« 2013年1月 | トップページ | 2013年9月 »