« グスコーブドリの伝記④ | トップページ | 〜ティータイム〜 »

2012年12月31日 (月)

グスコーブドリの伝記⑤

ネリを奪っていった(連れていったが正しいか…)コトリの存在。

成長を遂げたブドリの前にもこのコトリが現れます。


あの恐ろしい冷害再来の予感に、火山を噴火させ炭酸ガスを噴出させることでねらう温室効果(パンフによると実際は難しいようですが)でもそれをするためには誰かが1人残らなければなりません。そしてブドリは自らその1人になりました(でもなんというか、この辺のやりとりはハッキリと表現されていなかったような…)


監督・脚本の杉井ギサブローさんも述べてますが、これは自己犠牲という一言だけでは語れない何かがあるように思いました。


ブドリは冷害によって変わりゆく家族の姿を身をもって知ったからこそ、それが本当に辛いことだったからこそ、あの究極の悲しみを他の誰にも味わわせたくなかったのではと思うのです。成長してゆくうえで出会った人々、その笑顔を奪いたくなかったのではないかと思うのです。そんなブドリの優しさを象徴するように童話にはとても印象的な言葉が残っていました「私のようなものは、これから沢山できます。私よりもっともっと何でもできる人が、私よりもっと立派に、もっと美しく、仕事をしたり笑ったりして行くのですから。」童話のラストもジンとします。なかなか時間がとれなくて読み返すことができていませんが、じっくりまた読みたいな〜と思います。

さて、コトリと共に姿を消したブドリ。そして現れる美しい大地と、聞こえてくる小田和正さん(オフコース)の曲『生まれ来る子供たちのために』この歌詞がまた色々考えさせられまして、この映画の制作期間の5年という歳月の間には大震災や様々なことが起き、そこで身を挺して動いて下さった、、、きっと本当に‘救いたい’という心で動いて下さった方々のことを思ったりして胸に染みました。


生きていると辛いことが沢山ありますが、グスコーブドリの伝記はまずその前に動物が生きてゆける環境がこの地球上にあることの有り難さをといてくれているように感じました。


なんにしても、もう一度見たいです。


銀河鉄道とはまた違う、それこそ伝記を読んでいるような映画グスコーブドリの伝記。ドキドキすると思いますが、子供たちが見るとやはり生涯に残る何かを得られるのではないかと思いました。


That's all.

« グスコーブドリの伝記④ | トップページ | 〜ティータイム〜 »

アニメ」カテゴリの記事