« グスコーブドリの伝記③ | トップページ | グスコーブドリの伝記⑤ »

2012年12月26日 (水)

グスコーブドリの伝記④

美しい絵に幻想的な雰囲気、そして愛らしくもどこか悲しげな猫たち・・・銀河鉄道の夜を彷彿とさせる画面を不思議な思いで見ていました。


ただ、、、これは本当に色々な映画で感じることなのですけれど、見る側にとっての絵とストーリーの比重性…そのどちらに重きを置くかは、とても難しいことだと思いました。


例えばどんなに絵が素晴らしくてもストーリーが良くなければ作品はつまらないものとなりますし、逆にストーリーが良くてもなんじゃこりゃ?な絵のせいで興ざめしてしまうこともあります。


で、私にとっての重きはどちらかというとやはりストーリーかな…と感じるのです。例えば昔のテレビアニメは単純な絵でも、展開によって面白くて仕方なかったりしますから。


ついでにもう少し掘り下げると、ジブリ作品はこの絵とストーリーのバランスが絶妙だと思いますし、ある意味どちらも最高域に到達したのが大友克洋監督の【AKIRA】映像の凄さでいえば押井守監督の【イノセンス】だと私は勝手に思っております。

…という感じなのですが、グスコーブドリの伝記はCGの使用など銀河鉄道の夜を見た当時から未来に来たことを改めて感じつつも、先の考えでゆくと銀河鉄道程のインパクトを与えられなかったのですよね…心に深く突き刺さってくるものがなかった。。。


それは多分私が大人になってしまったということも関係あると思いますし、まだ一度しか見ていないので改めて見たらまた何かを得られるかもしれません。。。

« グスコーブドリの伝記③ | トップページ | グスコーブドリの伝記⑤ »

アニメ」カテゴリの記事