« 銀河鉄道の夜⑨ | トップページ | 【グスコーブドリの伝記】 »

2012年10月31日 (水)

銀河鉄道の夜⑩

共に旅した人たちが次々と去ってゆき、2人きりとなったジョバンニとカムパネルラ。。。


持っていた切符が違うことからも察するように、2人にもまた別れの時がやってきます……


この【銀河鉄道の夜】という作品は私にとって、多分、人生を左右する程に重要な作品となっていて、たいへん思い入れが深く、いつも以上に(下手ながらも)丁寧に話しを追いすぎてしまいました。

本当は作品の最後にして最大の山場である“石炭袋”をこと細かく書きたかったのですが……私の力量ではとても伝えきれるものではありません。それほどに切ないシーンとなっています。


悲しくて悲しくて、映画を見た時も強いショックを受けました。


うろ覚えですが、映画の紹介CMで流れたジョバンニの友の名を叫ぶ声…あれほど胸をつくシーンはありません。。。

実は私は人生において大切な人たちとのふいな別れを何度か経験していて、今でもこの映画の別れのシーンを見るのは大変辛いです。

いえ、私に限らずきっと多くの人がその人生において様々な別れを経験しているのではないかと思います。


人間って悲しいな…どうして別れがあるのだろう…私は時々そんなふうに思います。


自然の美しさ、奇跡的な存在である生命の素晴らしさ、宇宙の神秘、時の流れ………銀河鉄道の夜はそういった悲しさを静かに、美しく、そして力強く教えてくれていると思います。


さて、映画のラストでは明かりの灯った牛乳屋が表しているように、ジョバンニを取り巻く雰囲気が少し変わっています。と同時に辛い現実が待っていました。それでもジョバンニはカムパネルラのこと、光と影、全てを受け止めるかのように力強く走りだします。


流れ出すエンディング曲と共に聞こえてくる賢治製作の口語詩“春と修羅”の序の一節...いかにもたしかにともりつづける銀河交流電灯のひとつの青い照明です...

小さな小さな粒の集まりである人間とは世界とは──ある意味全て幻なのかもしれません。

温かく、そして切ない物語。


後世にずっと語り継いでゆきたい名作です。


That's all.

« 銀河鉄道の夜⑨ | トップページ | 【グスコーブドリの伝記】 »

アニメ」カテゴリの記事