« 〜コーヒーブレイクⅢ-①〜 | トップページ | 【重力ピエロ】 »

2011年11月29日 (火)

〜コーヒーブレイクⅢ-②〜

宇宙ものでは他に【2001年宇宙の旅】をやっと見ることができました(←なんだかタイミングが会わずに見れていなかったのです)。

感想はですね、、、いろんな意味で恐かったです(畏れる感じもありました)。。。


全体的にペースがスローで見続けるのは結構根気がいりましたけれど、舞台が未来に移ってからは驚異の映像満載で(無重力のシーンなど特に)、そしてラストの辺りのワープのようなシーンでは、それまでののんびり感があったがこそ速さが際立ち「どこに行こうとしてるのよー」とドキドキしました。

そうした中で思ったのは‘影響力’でしょうか。例えば中盤の、木星へ向かう宇宙船に搭載された人工知能HAL9000の反乱は【ターミネーター】を思い起こさせましたし、ラストのスターチャイルドへと繋がるくだりは【コンタクト】を思い起こさせるなど(両者が実際参考にしたかは別にしても)未来に対する影響は計り知れなかっただろうな〜と思います。


映像も、インテリア、服装、船体形式など描写がまったく古さを感じず、とても1968年の映画とは思えませんでした。これは…昭和を知っている方ならば特に、あの時代にあの表現がなされていたことに驚きを感じるかもしれません。(ちなみに車輪型←cool!ステーション内の言語選択肢にJAPANESEの文字があったのは嬉しかったです)。

でも私にとって一番嬉しかったのは、特典映像にあった原作者アーサー・C・クラーク氏の会見映像でした。ユーモアがあり考えが深く、素敵でした。

様々な意味でさすが金字塔とよばれる作品ではありましたが、私は影響力の他に〔心〕についても考えさせられたように思います。猿人の心、人の心、人工知能の心、存在は小さくとも広大な宇宙とそれらがどこかで結びついているような……そんな風に感じられてなりませんでした。

〈宇宙の旅〉は原作がシリーズ化していて最終的には3001年へと続くようです(約1000年後…凄い、そして遠い)。読む時間の確保が難しいものの、いつかトライしてみたいです:-)


恐いといえば、、、地上波で放送された【アイ・ アム・ レジェンド】も怖かったですね。近年稀にみる緊張と興奮を味わいました。


見終えてからも頭の中でリピート状態で

「あそこは怖かった…(←暗闇のビルの中に入っていくシーン)」
「本当に怖かったわ…(←と書いていても怖い)」

しばらく震えておりました。

なんというか、、、そんなホラー的な怖さだけではなくて、地球が少しずつ進めてきたことを、人間がその知能によって早くやってしまっているような…それがどう世界に影響を及ぼしてくるのか、そんな現実的な恐さも感じました。。。

この作品で主役を演じられたウィル・スミスさんは様々な作品で拝見しますが、時にコミカルで時に力強く、時に物静かで、表情だけで心の内を表すことのできる名優だと思います(余談ですが、MIB2を映画館で見た際、冒頭の着陸シーンで私を含め周囲の人々が「ちっちゃ」と呟いたのは楽しい思い出です)。

さてさて、今年はこのような感じで劇場・DVD・地上波と駆使して幾つか作品をみたのですが、まだまだ見たい作品は山ほどあります。

どう時間を捻出するか考えつつ(本も読まなきゃだわ)、ラストを見たいけれど終わってほしくないと思える作品に出会えた時ほど充実することはありません。


やはり映画やドラマは素晴らしい・・・と私は今日も思うのでした。


|

« 〜コーヒーブレイクⅢ-①〜 | トップページ | 【重力ピエロ】 »

映画・テレビ」カテゴリの記事