« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月27日 (水)

【(ハル)】

物語が終わりに近付くにつれて、気持ちが高まってくる・・・そんな作品でした。

そして、見れば見るほど新たな感動が心に染みてくる・・・そんな感じもしました。


でも、初めて見た時はあまり気持ちが入り込んでいかなかったのが正直な感想です。静かに淡々と進んでゆく印象があって、バラエティなどの賑やかで展開の早いものに慣れた身には物足りなく感じたからかもしれません。

けれど見終えた頃には、最後までちゃんと見て良かったわ・・・と心から思いました。それからは、もう何度も見るようになりました。

映画は、東京と盛岡を舞台に深津絵里さん演じる「ほし」と内野聖陽さん演じる「ハル」の交流を中心に進んでゆきます。
といってもその交流の手段というのがパソコン通信のみで、2人はある時点まで会うことはありません。

ちょっとあまりない感じの映画だと思います。
それぞれの生活を追いながらも、2人を繋ぐのは通信画面の無機質な文字だけ。1996年の映画なので画面じたいも現在のようにカラフルな感じではなくシンプルです。

それでも、互いが紡ぎだす言葉によって文字に温かさが生まれ、心の繋がりもできてゆきます。


距離は離れていても、思いをのせた通信の糸が確かに繋がってゆく・・・そう感じました。


それにしても本当に静かな作品です。音がまったく無い時すら、あります。セリフも少ないのではないかしら。。。


だからこそ発する言葉に集中してしまいますし、俳優さんの表情だけの演技も強い意味を持ってくるように思えます。


くわえて音楽のインパクトも強いですね。静かなのに、五感を刺激してくる気がしました。

|

2010年10月17日 (日)

〜コーヒーブレイク〜

海外にもよいドラマが沢山出ていますね。

私が最初に見た韓国ドラマは、だいぶ前になりますけど‘イヴのすべて’という題名のものでした。民放の地上波放送だったのですが、あの頃はまだ今ほど韓国ドラマは知られていなくて、珍しさの方が強かったように思います。

そんな中で印象的だったのは、女優さんの美しさ。ほんとに綺麗で絹のようなお肌で、今でもあちらの女優さんを見るたびに憧れてしまいます。


最近、この時出られていたヒロインの二人を‘タルジャの春’と‘アイリス’で見たのですが、変わらずに素敵でした。


勿論それだけではありません。日本では男性俳優さんの格好よさが注目されがちですが(確かにとてもかっこいいのですけど)そればかりではここまでの盛り上がりはなかったと思います…。ストーリーの純粋さ、表情豊かな俳優さんの演技力、年上の方を大切にする姿勢など、見ていて共感できる部分も多くそんなところも受け入れられた要素にあるのではないでしょうか、、、。なんにしても毎回次が楽しみでした。

ちなみに私は‘チャングムの誓い’が好きで、宮廷料理の凄さにうっとりしつつ、困難を乗り越えてゆく主人公に力を与えてもらっていました。


あと‘復活’もおすすめです。

まだまだ良い作品が沢山ありますけれど、今回はこのへんで・・・。


|

2010年10月 6日 (水)

銀河鉄道999⑤

惑星こうもりにて、新しい少年を導いていくと手紙をのこし、999には乗車しなかったメーテル。。。

並んで走る、それぞれを乗せた列車が、飛び立ちながら左右に別れていく時、互いを見合う瞳に涙が光ります。(それを見ているこちらも涙)


でも、泣いていた鉄郎が途中から笑顔をメーテルに見せるようになります。その姿が、新たな決意を感じさせてとても印象的でした。


そして流れてくるあの名言・・・

メーテルは青春の幻影―

これは、壮大な物語を締めくくるのに本当に相応しい言葉だわ・・・と感じました。

実際の私たちにとっても現実の人物であったり、大切な何かが、青春時代を思い起こす心に幻のごとく光り輝いているように思えるからです。。。


さて、思いついたことを思いつくままに書いてきましたが、999に関しては、1話1話を語っていると果てしなくなりそうなので、今回はこのへんで終わりにしようかと思います。ですが、ラストにもう少しだけ、、、

平成22年の現在は、999が放送された当時-昭和-を実際に知らない子達もだいぶ増えてきました。世の中心もその子たちに移行しつつあり、若さをうらやましく思うときも正直あります。けど、私自身はこうも思います。-昭和-という時代に生まれ、体感することができてほんとによかったな〜と。


これを読んでる昭和生まれの方たちの中には、多分この気持ちをわかってくれる人もいるのではないでしょうか、あの、今ほど便利ではなくても何かが充実していた時代、、、ゲーム機も簡素で、車もハイブリットではなくて、ネットも張り巡らされてはいませんでしたけれど、忘れられない-何か-があった時代。


アナログとハイテク、2つを体験できて私は幸せものだと思います。


・・・999には映画版第二作もあるようですが、一作目同様いつかどこかで出会える時まで、またしばらく心の割と深い部分にしまっておこうと思います。ではslate

That's all.

|

2010年10月 4日 (月)

銀河鉄道999④

映画版から少し離れて、アニメ版についても書きたいと思います。


999の最終回は、鉄郎とメーテルの別れなどがあり、何度見てもせつなくなりました。。。特にメーテルの家族のことを思うとなんともいえません。

旅の最終目的地であった惑星プロメシュームが、ブラックホールに吸い込まれ崩壊する時、メーテルが、昔まだ幸せだったころの家族の話を鉄郎に呟きます。この時、これまで常に冷静だった彼女が、子供のように胸中を吐露するのですが、聞きながら、あまりに変わってしまった彼女の父と母の姿が思い出されて、ほんとに悲しくなりました。・・・私も「家族」というものが、絶対的に変わらないものではないことを身をもって知っているので、余計に響いてきたのかもしれません、、、


それにしても、星が1つ消えるという演出は、スケールが大きくて衝撃的でした。


実際の宇宙の働きからすると、こうはいかないのかもしれないけれど、999作品は違和感なく見られます。素晴らしい演出のなせるわざだな〜と思います。


また、何度かとても美しい女性の歌声が響いてくるのですが、その悲しげな旋律がすべての感情を代弁しているように感じました。


さて、最終回の終盤では、これまで長い旅をしてきた二人の別れのときがやってきます。


映画版の別れも悲しかったですが、アニメ版はやはり特別な感じがします。

松本零士先生オフィシャル

|

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »