« 銀河鉄道999② | トップページ | 銀河鉄道999④ »

2010年9月28日 (火)

銀河鉄道999③

2006年、冥王星は国際天文学連合によって、惑星から除外されてしまいました。

水・金・地・火・木・土・天・海・冥(もしくは冥・海)と呟きながら、太陽系惑星の順番を覚えた者としては、寂しい限りです。でも、どう発表されようと、この星が大切であることは変わりません。


さて、999にとっても冥王星は重要な星です。機械化人となった人々の、元の体が氷の大地に保存されているからです。

映画では、この中の1つをじっと見つめるメーテルが出てきました。
でもこのシーン、アニメでも放送されたはずなのですが、私はすっかり忘れてしまっていました。その後の長い旅の話で記憶から薄れてしまったのか、それともどこかで何かを感じながらも‘メーテルはメーテルだから...’と深く考えないようにしていたからなのか、いずれにしても、忘れるべきではなかったなぁ…と思います。なぜなら、映画の最後で、メーテルと鉄郎の母との関係が明かされるからです。


幾度も生まれ変わってきたメーテル。。。鉄郎に「あなたは私に気付かない」とも言っていました。

人は見た目なのか心なのか・・・それは現実にも通じる疑問で、今更ながらに考えずにはいられませんでした。


彼女は、同姓の私から見てもたいへん魅力的です。スラリとした体型に長い髪、憂いをおびた優しげな瞳、、、他の容姿なんて考えられないわ、とも思うのですが、長い旅を共に乗り越えて、心が繋がった2人なら、見た目がどう変わろうとも気付くのではないかな、とも思います。(そうであってほしいです)


現実でも歳を重ねると見た目は変わります。でも、本当に大切な人なら、どう変わっても愛情は変わりません。だから、きっと。

なんだか、999と共に私自身も長い知の旅をしているようです。

« 銀河鉄道999② | トップページ | 銀河鉄道999④ »

アニメ」カテゴリの記事