« ラピュタ③ | トップページ | ラピュタ⑤〜オマケつき »

2010年8月 1日 (日)

ラピュタ④

軽快な音楽と共に、タイガーモス号に乗船したパズーとシータ、2人のお手伝いが始まります。


家庭事情が自立を早めたとはいえ、子供なのに、きちんと働けて偉いな〜といつも感じます。


特に、シータが寸胴鍋にパラパラッとお野菜を入れるところは、日頃から家事をこなしている感じがよく出ていて、頼もしくて可愛いですよね。(・・・私って、こういう何気ないところに注目してしまうのです。。。宮崎駿さんは、きっとそういう細部にまでこだわっていらっしゃると思いますけれど)

そしていよいよ、舞台は天空の城へとかわってゆきます。


お城が低気圧の中心にあるというのが、とにかく怖くて凄い。

お天気関係には詳しくないですけれど、なんか大変なところにある!!というのを強く感じさせられます。

そんな<竜の巣>に守られていたお城は、宝溢れる夢の島というわけではなくて、光と影を合わせ持ってました・・・

« ラピュタ③ | トップページ | ラピュタ⑤〜オマケつき »

アニメ」カテゴリの記事